WCMの経営体制

 

WCMの技術の柱

1.安全(S)
2.導入コスト(CD)
3.個別改善(FI)
4.1  自主保全(AM)
4.2  職場組織(WO)
5.専門家による保守(PM)
6.品質管理(QC)
7.ロジスティクス(LOG)
8.初期装備 / プロダクトマネジメント(EEM-EPM)
9.人材育成(PD)
10.環境とエネルギー(E)
 

WCMの管理の柱

1.コミットメントマネジメント
2.目的の明確化
3.WCMへのルートマップ
4.有能な人材の配置
5.組織コミットメント
6.組織の能力
7.タイムバジェット
8.詳細度
9.拡張度
10.運営者のモチベーション

 

KARSAN

どのようなご用件でしょうか?